作りを知る。眼鏡の知識箱。レンズ付きメガネ一式価格の眼鏡市場(めがねいちば)

知識箱

  • お似合いのメガネに出会おう
  • はじめに、眼鏡を知る
  • お顔との関係を知る
  • 眼鏡のTPOを知る
  • キッズについて
  • 見え方をめぐる「困った」を解消
  • レンズの働きで、解消
  • 素材や設計で、解消
  • 付加機能で、解消
  • お手入れについて
  • 目の健康について
  • 視力を知る
  • 予防策を知る
  • の病気を知る
  • 連載コラム

アイアスリート 店舗検索 Search JCBタイアップキャンペーン

はじめに眼鏡を知る

眼鏡の基礎知識をつかんでおくと、後が、ラクラク。

フレームとレンズでできている眼鏡。
「お似合いの眼鏡探し」では、フレームのウエイトが大きくなりますから、
その名称や種類をご紹介しましょう。
ざっとつかんでおくだけでも、眼鏡選びがグンとラクになります。

月刊 眼鏡の知識箱

  • 作りを知る
  • タイプを知る
  • 素材を知る

作りと名称を知る

  • 智(ヨロイ) 目に付きやすいフロントの両端で、またテンプルの開閉により負担がかかりやすいため、デザインと強度の両立を求められます
  • モダン(先セル) 耳にかける部位で、掛け心地を大きく左右。眼鏡の脱落防止を重視したタイプ。柔らかい掛け心地のタイプなどがあります。
  • ブリッジ 左右のリムをつなぐ部位。ここもまたフロントですから、デザインの要になります。
  • テンプル 眼鏡を支えるサイドの重要なパーツであるとともに、横からの印象を決めるポイント。このため様々なデザインがあります。

作りと名称を知る

  • リム レンズ周りを囲む縁のこと。印象の決め手となり、デザイン・素材も含めると、本当に様々なタイプがあります。詳しくは下の「タイプを知る」をご覧ください。
  • ノーズパット 鼻を両脇から挟み、眼鏡を固定させます。素材は肌触りの良いシリコンやポリエステルが一般的。プラスチックフレームではブリッジ一体型もあります。
  • 蝶番(ヒンジ) フレームとテンプルをつなぐ、眼鏡で唯一の可動部分。その機能をスムーズに守るために様々な工夫が凝らされています。お店で手にとって動きを確かめてみましょう。