素材を知る。眼鏡の知識箱。レンズ付きメガネ一式価格の眼鏡市場(めがねいちば)

知識箱

  • お似合いのメガネに出会おう
  • はじめに、眼鏡を知る
  • お顔との関係を知る
  • 眼鏡のTPOを知る
  • キッズについて
  • 見え方をめぐる「困った」を解消
  • レンズの働きで、解消
  • 素材や設計で、解消
  • 付加機能で、解消
  • お手入れについて
  • 目の健康について
  • 視力を知る
  • 予防策を知る
  • の病気を知る
  • 連載コラム

アイアスリート 店舗検索 Search JCBタイアップキャンペーン

はじめに眼鏡を知る

眼鏡の基礎知識をつかんでおくと、後が、ラクラク。

フレームとレンズでできている眼鏡。
「お似合いの眼鏡探し」では、フレームのウエイトが大きくなりますから、
その名称や種類をご紹介しましょう。
ざっとつかんでおくだけでも、眼鏡選びがグンとラクになります。

月刊 眼鏡の知識箱

  • 作りを知る
  • タイプを知る
  • 素材を知る

素材を知る

フレームの素材はメタル系・プラスチック系・樹脂系に大別でき、さらに系統ごとに細分化できます。
機能面のみならずデザインの観点からも特性が異なりますから、
ざっと把握しておくと便利です。

メタルフレーム

METAL FRAME

お顔なじみがよく自然な印象を演出できること、
軽いことから、現在の主流となっています。

特長

・目立たず、自然な印象

・知的で洗練されたイメージを演出しやすい

・軽量

こんな方に

・都会的なイメージ、知的なイメージを演出したい

・眼鏡を目立たせたくない。

・お顔の印象を変えたくない

メタルフレームは、主に次の4素材があります。

ニッケル合金

ニッケル・銅などの金属を主体とした合金で、昔からもっともポピュラーなメタル素材です。

特長

加工しやすいためデザインが多彩。

チタン

腐食やサビがないなど長所が多く、メタルフレームの主流になりつつあります。

特長

・強く、弾力性(バネ性)にも優れる。

・腐食・サビがない。

・軽量で使いやすく、アレルギーの心配もない。

β(ベータ)チタン

通常のチタンに他の金属を合金。チタンよりさらに優れた弾力性(バネ性)をもち、強めに曲げても元に戻ります。

特長

・弾力性(バネ性)が高いため、壊れにくく、掛け心地もしなやか。

・腐食・サビがないなどチタンの特性を継承。

NT合金

ニッケルとチタンの合金。βチタンをもしのぐ超弾力性と、形状記憶性(バネ性)により、眼鏡の耐久性向上に、新たな可能性を拓きました。

特長

・超弾力性(バネ性)により、変形しても元に戻る。

・形状記憶機能があり、圧力をかけても一定の温度内なら元に戻る。

その他のメタルフレーム

ステンレス

強度と耐食性に優れ、フィット性も高いため使いやすい。印象もシャープ。

アルミニウム

加工が容易。メタリックな質感を強調しやすい。

金

すべての金属で最も安定しており、サビや経年劣化もない。格調高い色合いや高級感が魅力。

金張り

チタンなどに金の薄い板を張ること。
チタンの長所を活かしながら、金の高級感を演出。

プラスチックフレーム

PLASTIC FRAME

素材の主流はメタルにゆずりつつも、
眼鏡を個性的に演出したいという方を中心に、
まだまだ根強いファンをもっています。

特長

・カラフルな色使いやボリューム感のあるデザインが可能

・このため眼鏡を強調でき、個性的な演出もしやすい

・メタルに比べて色が落ちない

こんな方に

・眼鏡で個性を演出したい

・お顔がふっくらしているので、ほっそり見せたい

・縦長なお顔を短く見せたい

・ダイナミック、積極的な雰囲気を演出したい

プラスチックフレームは、主に次の2素材があります。

セルロイド

樟脳(しょうのう)や木など自然由来の原料から生まれる、昔からもっともポピュラーなプラスチック素材です。

特長

・温かみに満ちた独特の素材感・肌触りがある。

・加工しやすく、デザインが多彩。

アセテート

プラスチックの主流素材のひとつ。多彩な色調を柔軟につくることができます。

特長

様々な色合いを演出でき、デザインが多彩。

樹脂フレーム

RSIN FRAME

樹木の脂など天然物を加工して作られた素材で、アクリルやシリコンも樹脂に分類されます。
ちなみにプラスチックは石油を原料とすることから合成樹脂と呼ばれます。
眼鏡フレームの素材で使われる樹脂は、以下のとおりです。

ポリアミド樹脂

もともとは医療用に生まれた素材を、眼鏡市場の新メガネ開発プロジェクトが眼鏡フレームとして応用・開発しました。

特長

・掛けていることを忘れるほどの超軽量。

・曲げてもすぐに復元する柔軟性で壊れにくく、激しく動いてもフィット感を損なわない超弾性を発揮。

・肌に触れたときの感触がやさしい。

・温度変化に強く、長期間使用でも変色や劣化が少ない。

こんな方に

・体を動かす仕事をする方。

・スポーツをする方。

・眼鏡を感じさせない掛け心地を求める方。

その他の樹脂フレーム

オプチル

水に強く、電気を通さないことから電子製品の部品などに使われるエポキシ樹脂の一種。軽さや加工のしやすさから、眼鏡素材として開発されています。