眼の病気を知る。眼鏡の知識箱。レンズ付きメガネ一式価格の眼鏡市場(めがねいちば)

眼鏡市場のこだわり Conceptメガネフレーム Frameレンズ Lensサングラス Sunglassコンタクト Contact補聴器 Hearing Aid眼鏡の知識箱 knowledge

知識箱

知識箱

  • お似合いのメガネに出会おう
  • はじめに、眼鏡を知る
  • お顔との関係を知る
  • 眼鏡のTPOを知る
  • キッズについて
  • 見え方をめぐる「困った」を解消
  • レンズの働きで、解消
  • 素材や設計で、解消
  • 付加機能で、解消
  • お手入れについて
  • 目の健康について
  • 視力を知る
  • 予防策を知る
  • の病気を知る
  • 連載コラム

アイアスリート 店舗検索 Search JCBタイアップキャンペーン

眼の病気を知る

眼鏡選びは、目を知ることから。

私たちは情報の9割を目(視覚)から得ているといわれています。
目は複雑なメカニズムによって脳に情報を伝達し、
様々な映像を私たちに見せているのです。
その大切な機能の起点となる視力とは何か、
さらに、目を脅かす病気とは何かを、
簡単にご紹介します。

月刊 眼鏡の知識箱

ふつうの視力低下の他にも、気をつけたい目の病気があります。

目が原因の頭痛

脳に送られる情報の90%以上が視覚情報で、脳の50%がこの視覚情報の処理に働いているといわれています。
このため度数の合わない眼鏡を掛けるなど、視覚情報の処理にマイナスなことをすると脳の負担が増大。
頭痛が発生しやすくなります。
眼鏡選びは、健康選びでもあるのです。

白内障

目の水晶体の透明性が何らかの原因で失われ、光が網膜に到達しにくくなり、視力が低下した状態。
原因で最も多いものは加齢に伴う水晶体の衰えといわれておりますが、他にも、数多くの原因が
挙げられます。
治療には、原因に応じて主に薬物治療と手術治療があります。

緑内障

高い眼圧によってダメージを受けた視神経が萎縮。
萎縮した部分につながる視野が損われ、視力も低下していく病気。
萎縮した視神経は回復しませんから、放置すると失明したり、治療に成功しても現状を維持する程度。
それだけに早期発見・早期治療が肝心です。眼科医で定期的に眼圧検査を受けましょう。
治療は眼圧を下げる薬物治療が中心。
再発予防のために外科的手術を行う場合もあります。