素材で解消編。眼鏡の知識箱。レンズ付きメガネ一式価格の眼鏡市場(めがねいちば)

知識箱

  • お似合いのメガネに出会おう
  • はじめに、眼鏡を知る
  • お顔との関係を知る
  • 眼鏡のTPOを知る
  • キッズについて
  • 見え方をめぐる「困った」を解消
  • レンズの働きで、解消
  • 素材や設計で、解消
  • 付加機能で、解消
  • お手入れについて
  • 目の健康について
  • 視力を知る
  • 予防策を知る
  • の病気を知る
  • 連載コラム

アイアスリート 店舗検索 Search JCBタイアップキャンペーン

素材や設計で解消

使いやすさや丈夫さなどに関する「困った」は、レンズの素材や設計で解消!

レンズ素材にはプラスチックとガラスが、設計には非球面と球面がありますが、昨今は素材はプラスチック、設計は非球面という流れが圧倒的。その主流を理解し活用することで、見え方をめぐる「困った」が解消するケースは少なくありません。

月刊 眼鏡の知識箱

  • 素材で解消編
  • 設計で解消編

素材で解消編

お客様からよく聞く「困った」の声

  • ●仕事のためにも、遊びのときでも、もっと軽い眼鏡にしたい
  • ●スポーツ好きなので、とにかく眼鏡を感じさせない軽さを。
  • ●子どもが使うから、割れないなど安全性を重視したい。
  • ●レンズにすぐ汚れが付いてしまう。
  • ●レンズのカラーバリエーションに好きな色がない
  • ●レンズによっては調光や紫外線カットができないと聞いたけど……
  • ●フルリムのデザインに飽きたから、他のフレームに変えたいが……

プラスチックレンズで解消!

軽く、割れにくく、安全で実用性が高いことから人気のプラスチックレンズ。
近年の技術開発により、キズつきやすさや厚さなどのデメリットも改良され、いまやレンズ素材の完全な主流になりました。
このため上記のような声を解消するなら、やはりプラスチックがオススメです。

プラスチックレンズの特長

  • ●軽さなら断然プラスチック。ガラスレンズの約1/2の軽さです。
  • ●割れにくくスポーツ時やお子さまも安心。
  • ●さらに衝撃への耐久力を高める加工も可能。
  • ●汚れがつきにくい加工も可能です。
  • ●昔の欠点だった「厚さ」「キズつきやすさ」も、加工技術の進化でグンと改良。
  • ●ガラスレンズに比べ、カラー染色が圧倒的に豊富です。
  • ●UV(紫外線)カットが可能。(ガラスレンズはできません)。
  • ●偏光レンズ・調光レンズも、昨今はほとんどすべてがプラスチック。
  • ●縁なし(ツーポイントフレーム)や、ナイロール、逆ナイロールにも対応でき、デザインバリエーションが多彩になります。

より透明感が高く、軽く、強いレンズをお求めの方には新素材ポリカーボネート

プラスチックの一種の新素材で、下のような様々なメリットを備えています。

  • ●透明感が高く、視界をよりクリアにするとともに、目元を自然に見せます。
  • ●従来のレンズより軽量でありながら、約12倍という耐衝撃性に優れているため、
    スポーツや激しい動きをする方、お子さまの安心を一層高めます。
  • ●目に有害な紫外線を100%カットします。

眼鏡市場では「プロテクトレンズ」の名称で、オプション価格プラス2,000円(税抜)2,160円(税込)にて販売中。

プロテクトレンズには、下記のような機能を備えたコーティングが施され、ポリカーボネートの特長に加え、使いやすさをさらに高めています。

・キズ防止機能 ・レンズ表面の反射防止機能 ・汚れが付きにくい撥水機能 ・静電気防止機能