音が聞こえる仕組み。補聴器。レンズ付きメガネ一式価格の眼鏡市場(めがねいちば)

眼鏡市場のこだわり Conceptメガネフレーム Frameレンズ Lensサングラス Sunglassコンタクト Contact補聴器 Hearing Aid眼鏡の知識箱 knowledge

補聴器

補聴器

  • 取扱店舗
  • 眼鏡市場はこう考えます
  • はじめての補聴器選び
  • 取扱商品
  • ピックアップ補聴器
  • 「聞こえ」のしくみ
  • 両耳装用の効果
  • 補聴器Q&A
  • 充実のアフターサービス
  • 補聴器体験会
  • 2週間無料お試しサービス

補聴器体験会開催! 補聴器用空気電池 6個入り1パック 250円(税抜)・270円(税込) 使用済み電池回収のお願い どうして聞こえにくくなるの?補聴器と難聴の基礎知識

音が聞こえる仕組み

「有毛細胞」のはたらきが、聞こえに大きく影響します。

何らかの形で音が発生し、それが「音」として認識される(「聞こえる」と感じられる)には、どのような仕組みがあるのかを見てみましょう。発生した音は、私たちの側頭部にある左右の耳(耳介)にキャッチされます。次に、音は耳介から耳の奥に通じる穴=外耳道を通って、鼓膜に到達します。鼓膜は非常に薄い膜のようなもので、音によって振動します。鼓膜の振動は、中耳にある耳小骨を経由して、耳のさらに奥(内耳)にある蝸牛(かぎゅう)という器官に伝わっていきます。蝸牛とよばれる部分は、内側にリンパ液が入っており、そのリンパ液は耳小骨から前庭窓を経由した振動によって波を発生させます。そして、その波は中央階にある基底膜を振動させます。基底膜上に乗っているコルチ器内にある有毛細胞と呼ばれる細い毛のような細胞が感じ取り、それを電気エネルギーに変換して聴神経を経由し、脳に送り届けます。この一連の流れが、「音が聞こえる」という感覚が起こる仕組みです。

音には「高い音」と「低い音」がありますが、その区別も有毛細胞によってなされます。蝸牛の入り口に近い場所の有毛細胞は「高い音」を感じ、入り口から遠い場所の有毛細胞が「低い音」を感じるものと考えられています。また、有毛細胞には電気エネルギーを脳に伝える役割をするものと、音の「感度」を上げる役割をするものの2種類があり、それぞれが連動しながら聞こえを司っているのです。

これほどの重要な役割を果たしている有毛細胞ですが、一度傷ついたり、劣化・減少してしまうと、再生されることはありません。難聴になってしまうのは、この有毛細胞が傷ついたり、劣化・減少することが原因の一つと考えられています。あまりにも大きな音を聞いたりすると、有毛細胞は傷ついてしまうことになるため、注意が必要です。正常な聞こえを守るためには、日頃から大きな音を避けるように気を付けることが大切です。