眼鏡市場(メガネ・めがね)

紫外線について

太陽から私たちに届く紫外線は、波長の長さでUV-A、B、Cの3つに分けられています。

波長が短い紫外線は、肌や目から吸収された時の身体への影響が大きいとされています。

UV400nmについて

夏のイメージが強い紫外線ですが、実は、季節や天候を問わず一年中降り注いでいます。
なかでも400nmの波長を含むUV-Aはガラスを通り抜けるため、家の中にいても気付かないうちに
影響を受けている事が多く、肌の表面を通り抜け、皮膚の奥深くにまで入む力が強い性質のある紫外線です。

最も可視光線に近い波長のUV400nmは、季節、天候に関係無く、一年中肌の奥深くまで到達する紫外線のため、
最も身近に降り注いでいる紫外線です。
UV対策においては、夏だけでなく、一年中の対策が必要と考えられています。