初めての老眼鏡選び

老眼とは?

老眼とは、年齢を重ねると共に
近くのモノがぼやけて見えづらくなる症状です。
一般的に40歳前後からこの症状が出てくると言われています。

豆知識

老眼の原因は、目の水晶体の硬化にあります。
水晶体は従来弾力性のある柔らかいレンズですが、
誰もが年齢を重ねる毎に
弾力性がなくなり硬くなります。

そのため見え方の調整をしようとする際、水晶体を調節している毛様体筋が収縮しても
水晶体の形は変わりにくくなり、焦点が合わなくなります。

近視の方は老眼にならないと言われることもありますが、それは間違った認識です。
また、遠視の方は若い時期から近くを長時間見ていると疲れがでやすい傾向があります。

例えばこんな症状ありませんか?

  • 今まで読めていた新聞や本などの文字が読みづらくなった
  • スマホの画面の文字を読むときに手を伸ばして遠ざけている
  • 近くのモノを見るときにピントがなかなか合わない
  • 以前よりもパソコンを使用した後に目が疲れるようになった
  • 肩こりや頭痛がなかなか治らない
これらの症状が思い当たる方は、老眼の可能性があります。
豆知識

中高年の眼精疲労向けの目薬が多く販売されておりますが、これらはビタミンやタウリンなどを含み、一時的に目の疲れを緩和してくれるようですが、老眼そのものを回復させるわけではありません。

眼鏡市場がおススメする最適な老眼鏡選びのポイント

  • 一人ひとりのニーズにあわせた最適なレンズ選び

    近視や遠視、乱視など目の状態は人それぞれで異なります。
    また、左右の眼の度数が全く同じ人は少ないと言われています。既製品の老眼鏡は左右のレンズが同じ度数で作成されているため、度数が異なる左右の眼に合うことは難しいと考えられます。また、既存品の老眼鏡では目の中心にレンズの光学中心を合わせることができません。
    そのため長時間使用すると目の疲れや頭痛、肩こりの原因ともなります。

    老眼用のレンズには、見たい距離や用途によって、大きく4つの種類があります。

    「老眼用レンズの種類」

    眼鏡市場ではお客様の要望やライフスタイルに合わせた最適なレンズをご提案いたします。

    また、これらすべてのレンズが追加料金なしでお選びいただけるので、はじめてのお客様でも安心です。

    豆知識

    累進レンズは、老眼が進行し度数が強くなるにつれて、レンズの歪みが強くなり見える視野が狭くなります。それゆえ、度数が弱い時からお試し頂いた方が、度数が強くなってから使用するよりも、早く慣れていただけます。

  • メガネの用途に合わせたフレーム選び

    お手元用の老眼鏡は、遠くを見る際にメガネを都度取り外す必要があるため、形状が変わりづらい耐久性や弾力性の高いフレームがおススメです。

    また、遠近両用などの累進レンズの場合は、レンズの天地幅が30mm以上のフレームがおススメです。

    ※ファッション性の高い天地幅が狭いフレームにも対応するコンパクトタイプの累進レンズも追加料金なしでご用意しております。

    さらに、メガネのフレーム選びでは、お顔との物理的なバランス相性、フィット感がとても重要になります。
    目の状態が一人ひとり異なるのと同様に、お顔の形もお客様一人ひとり異なります。
    長時間使用しても疲れない掛け心地を実現するためにも、お顔とベストマッチングなフレーム選びが重要です。

    お顔との関係を知る

    眼鏡市場では約1,000本のフレームをご用意しておりますので、多くのラインナップの中からお客様のお顔に最適なフレームをお選び頂きます。
    また、お客様一人ひとりに合わせてメガネフィッティングさせて頂きますので既製品の老眼鏡にはないフィット感をご体感いただけます。

    フレーム一覧を見る