初めての老眼鏡選び

老眼とは?

老眼とは、年齢を重ねると共に
近くのモノがぼやけて見えづらくなる症状です。
一般的に40歳前後からこの症状が出てくると言われています。

老眼の豆知識

老眼の原因は、目の水晶体の硬化にあります。
水晶体は従来弾力性のある柔らかいレンズですが、
誰もが年齢を重ねる毎に
弾力性がなくなり硬くなります。

そのため見え方の調整をしようとする際、水晶体を調節している毛様体筋が収縮しても
水晶体の形は変わりにくくなり、焦点が合わなくなります。

老眼の原因 水晶体硬化

近視の方は老眼にならないと言われることもありますが、それは間違った認識です。
また、遠視の方は若い時期から近くを長時間見ていると疲れがでやすい傾向があります。

例えばこんな症状ありませんか?

老眼の可能性
  • 今まで読めていた新聞や本などの文字が読みづらくなった
  • スマホの画面の文字を読むときに手を伸ばして遠ざけている
  • 近くのモノを見るときにピントがなかなか合わない
  • 以前よりもパソコンを使用した後に目が疲れるようになった
  • 肩こりや頭痛がなかなか治らない
これらの症状が思い当たる方は、老眼の可能性があります。
豆知識

中高年の眼精疲労向けの目薬が多く販売されておりますが、これらはビタミンやタウリンなどを含み、一時的に目の疲れを緩和してくれるようですが、老眼そのものを回復させるわけではありません。

眼鏡市場がおススメする最適な老眼鏡選びのポイント

最適な老眼鏡選びをサポート致します。老眼用レンズ。レンズ付きメガネ一式価格の眼鏡市場(めがね いちば)

ページトップへ