【眼科医監修】子どものメガネはいつから?視力と脳の成長の影響とは

こども

幼少期の目の発達が、実は将来にも大きく影響することをご存知でしょうか。
子どもの視力は成長とともに変化していくため、大人の目に関する通説が子どもには当てはまらないことも多く、正しい知識を持つことが必要です。そこで今回は、「子どもの視力」について全3回のシリーズでお届け。第1回のテーマは、「子どもの視力と脳の成長」です。
ご自身も4人の子を持つ眼科医の味木 幸(あまきさち)先生に、幼少期の視力が将来へ与える影響や視力矯正の重要性、受診の適正頻度について解説していただきました。

プロフィール
慶應義塾大学医学部卒業後、同大学眼科学教室医局入局。その後、様々な病院での眼科勤務を経て2003年あまきクリニック(眼科・形成外科・皮膚科)を、院長として新橋に開設。
眼科医師として多くの手術をこなしながら、痩身・美肌作り・メイクアップまでを医療としてアプローチする。

【著書】
・「あなたは大丈夫?目の成人病」/ 朝日新聞社
・「疲れ目を自分で治す本」/ マキノ出版
・「近視・老眼を放っておくとバカになる」/ 青萠堂
など

将来のために「メガネで視力を育てる」ことが重要

きちんと見えないことで、勉強やスポーツにおいても支障が。遠くが見えづらいために勉強への集中力が欠けたり、スポーツでうまく結果を出せなかったりなど、視力低下は子どもの活躍の妨げになると考えられます。好奇心や才能の芽を摘まないためにも、ぜひ目と脳の発達をしっかり見守ってあげてほしいと思います。

子どもの目を守る上で、メガネはとても大切なツールです。視力の弱い子にメガネをかけさせることで、よく見えるようにしてあげるのは最良の選択のひとつだと考えています。

メガネをかけ始めるタイミングは?

上でも触れた勉強やスポーツなど、視力の低下によって日常生活に影響が出始めるのは小学校に入学してからです。子どもが小学生になったら、学校の視力測定なども利用しながら、メガネの使用を検討すると良いでしょう。検討の目安は、裸眼視力が0.7以下になったタイミングです。

ところで、「メガネは早いうちからかけるとどんどん視力が落ちる」というウワサを聞いたことがあるかもしれません。ですが実際には、メガネをかけることで視力が落ちることはありません。さらに、早いうちから「正しく見えている状態」に慣れていないと、ぼやけた視界に違和感を持たなくなってしまいます。

子どものメガネは、デザインだけでなく定期的な度数チェックも大切

特にはじめてメガネをかける場合は、デザインも多く取り揃え、活発な子どもにも対応できる機能的なメガネがある店舗を選ぶことがポイントです。子どもがメガネをかけることで周囲の目を気にしてしまったり、「自分だけメガネをかけるのはイヤ」と感じてしまったりすることは、視力はもちろん、学校生活に支障をきたす可能性もあります。そのため、子どもが「これなら毎日かけたい」と思える1本を見つけてあげましょう。

また、子どもは成長に合わせて視力が変化するので、定期的な視力チェックとメガネの買い換えが必要になる場合もあります。特に最初のメガネを持つ際は、必ず医師の診断を受け、処方箋をもらってからメガネ店に行きましょう。

お店でのフレームの選び方のコツは、顔の形(幅など)に合ったものにすることです。チェックの仕方は店舗にいるスタッフに確認すると良いでしょう。

また、メガネの扱いに慣れないうちは予備のメガネや、スポーツなどの活動に合わせてずれにくい素材や万一の際でも安心な素材を使ったメガネを用意することがポイントです。大人のメガネよりもメンテナンスや買い替えなどが多くなることもありますが、将来に大きく影響することなので、どうぞ疎かにしないでいただきたいと思います。

関連記事:はじめてでも安心!小学生親子の“メガネづくり”に密着!

小学校入学前から、成長していく視力のケアを

また、子どもの視力は、産まれてから3歳頃までに少しずつ成長します。子どもが泣いているときや、一人で遊ばせておきたい時に、ついつい利用しがちなスマートフォンやタブレットでの動画等の視聴も2歳までは極力控え、モノや人に触れることで脳を成長させるほうがいいとされています。目と脳の関係が定着するのは、6歳ごろ。それまでに子どもの視力を、最大限まで守ってあげる・成長させてあげることを心掛けましょう。

視力が子どもの脳の成長に影響を与える?

勉強やスポーツだけでなく、なぜ視力が子どもの成長に影響を与えるのか?そこには、視力と脳の発達が大きく関係しています。一見、結びつかないようなふたつですが、実は“よく見える”環境が、子どもの成長にはとても大切。

例えば、夜空の星座や月。その形がきちんと見えてはじめて、興味が湧きますよね。他にも、外の世界には風に揺れる葉っぱや雲の動き、大人の表情、看板標識など、“よく見える”からこそできる小さな発見や気づきが沢山あるんです。子どもの見える範囲を広げてあげることで、より様々な情報をキャッチでき、興味や好奇心の対象が広がります。目を通して、多くの物事に関心を持つことで、子どもは成長していきます。そのため、視力は脳の発達において、とても大切なのです。

就学前から定期的な視力チェックをしましょう

「視力が少し悪いだけだから」と放っておくと、子どもの視力に悪影響なことはもちろん、目の病気を見逃してしまう可能性もあります。また、子どもは目の調節力が優れていて、視力が悪くても調節力でカバーできてしまう場合があります。実際に検査しなければ分からないことが沢山あるため、定期的な検査で子どもの目を守りましょう。地域や区、行政や学校関係の検診は必ず受診しましょう。

目の成長を測るタイミングとして押さえておきたい時期はふたつ。最初のタイミングは言葉での意思疎通がスムーズになり、大人と同じように視力が測れるようになってくる3〜4歳、そしてもう一つは視力と脳の関係が完結する6歳の就学前です。この時期に目がしっかり育っているのか確認することをおすすめします。眼鏡市場では、特に就学前の子どもの視力チェックに便利な「見えるかなチェック表」を無料で配布しています。家庭での視力チェックの際にぜひご活用ください。

また、既にメガネをかけている場合も、定期的に度数が合っているかどうか確認することが大切です。半年から1年を目安に、近くのメガネ店や眼科などで視力チェックを行い、学校や家庭での生活が支障なく行える度数のメガネを使うようにします。眼鏡市場でも、全店舗で無料の視力チェックを行っています。

目を育てることは、脳を育てること。子どもの目を気にかけてあげることは、好奇心や興味の幅を広げることにもつながります。日頃のコミュニケーションと定期的な検査を通じて、子どもの目の健康と成長を守っていきたいですね。

関連記事:視力不良のサインと原因。親だからこそできる、子どもの視力の守り方
関連記事:子どもの視力に向き合うメガネをつくりましょう。メガネのプロの視点で、おすすめメガネをご紹介

※価格・商品情報は掲載日時点での情報のため、すでに在庫がない場合もございます[2019年10月掲載]

在庫のある店舗を探す

※現在地を取得いたします。
ご了承の上でボタンをクリックしてください。

※在庫のある店舗のみ表示します。

現在地から在庫検索

現在地から半径20km以内の店舗を近い順で表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
最寄り駅から在庫検索

最寄り駅名・路線名を入力してください。

例)新宿駅 京王線

ご指定の駅から半径20km以内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
郵便番号から在庫検索

郵便番号を入力してください。

例)420-0858

ご指定の郵便番号から半径20km以内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
都道府県から在庫検索

都道府県・市区町村を選択してください。

ご指定の地域内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
フリーワードから在庫検索

フリーワードを入力してください。

例)イオン

ご指定のキーワードに一致する店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
ページトップへ