メガネの相場は?|お得にメガネを作るための予算感を解説

メガネ選び / お悩みから探す / 日本製メガネ

メガネは数年前と比べて随分求めやすい価格になりました。

長く1本のメガネを愛用してきたメガネユーザーで最近買い換えようかとお考えの方の中には、「最近のメガネの相場はどれくらいなのだろう?」「安価なものが増えたけれど、長く使えるだろうか?」と疑問に思う人も少なくないはず。

本記事では、メガネ価格のおおよその相場と、価格の違いによる品質・サービスの差についてお話しします。

新しいメガネを作るのにかかる平均費用は、およそ2万円から

2016年のデータによると、メガネ(フレーム+レンズ一式)の平均販売価格のは以下のとおりになっています。レンズによって大きく異なっていますが、およそ2万円が一つの基準値です。

単焦点(レンズ+フレーム):約2万1000円〜
累進多焦点(レンズ+フレーム):約3万8000円〜3万9000円

もちろん、廉価なものであれば、この価格よりも安いものも手に入れることができます。

ただし、場合によってはフレームの価格だけを見て購入に進んだものの、レンズの値段があとから追加され、結局平均に近い金額になってしまうこともあります。

眼鏡市場のメガネ価格は、フレームとレンズを合わせた一式価格で12,960円(税込)〜です。

単焦点レンズも、遠近両用などの累進レンズといった機能性レンズ、超薄型レンズも同じ価格になっているので、店舗で安心して選びやすいようにしています。

この一式価格には、「目が悪ければ悪いほど、メガネが高くなるというのは不平等。透明性のあるメガネ作りを」という眼鏡市場の想いと努力を実現させたものです。製造・販売を工夫することで、日本品質のフレームとレンズの一式価格を実現しています。

販売店によって価格帯が異なる理由

メガネの価格帯の差は、レンズやフレームの質と機能、製造コストに加え、販売店ごとの課金の仕方の違いから生じています。

レンズ

カメラのレンズにも品質によって大きな価格差が出るように、ひと口にメガネレンズといっても実際には品質に差があります。質の高いレンズほど、歪みが少ないことや、傷防止やブルーライトカットなどのコーティングの密着度も高まります。また、レンズの仕様・設計(遠近両用や超薄型など)もレンズ価格の差につながるのが一般的です。

フレーム

フレームはブランドによる価格差のみならず、販売店のオリジナル製品には仕様素材から製造コストまでのさまざまな差が価格にあらわれます。

さらに、前の章で紹介したように、販売店によって店頭表示価格がフレームのみの料金になっていて、そこに視力の測定費用やレンズ代が上乗せされるところも。

スタッフによる技術工賃

メガネは店舗に入荷した状態を「半完成品」と表現することもあります。店舗スタッフが一人ひとりの視力や目の位置を測定し、レンズをフレームに合わせて加工し、最後にフレームを顔の大きさなどに合わせて調整してはじめて完成品になります。

ただし、最近は手数料や工賃といった形で見積もりに入ることは少なく、フレームやレンズの料金に含まれているケースもあります。店舗によって料金体系が異なるので、事前に確認すると良いでしょう。

眼鏡市場の特徴。使う人に合わせたメガネ作りを徹底

ここからは、眼鏡市場のメガネの価格の特徴についてお話しします。

眼鏡市場の最大の特徴は、フレーム+レンズの「一式価格」で購入できる点です。視力測定やレンズの加工代金はいただいていません。フレームに付いている表示価格がレンズ代込みの一式価格です。眼鏡市場が一式価格を可能にしているのには、主に次の3つの理由があります。

1. 自社工場を持っていること

眼鏡市場はメガネの町として知られる福井県・鯖江市に自社工場を持っています。製品の企画・開発・生産まで可能な自社工場を持つことで、コストを抑えることができるうえ、協力工場との連携をして品質の向上・担保をすることができます。

また、お客さまの声を反映した眼鏡市場のオリジナルモデルの開発・生産が迅速に行えるのも、自社工場を持ち、自分たちでメガネを作っている眼鏡市場だからこそ。

疲れにくさを追求した超軽量の「FREE FiT(フリーフィット)」や「ZEROGRA(ゼログラ)」は、お客さまの声を元に眼鏡市場がアイディアと技術を詰め込んだ商品です。

2. レンズの圧倒的な仕入数

眼鏡市場は全国900店舗を超える店舗を展開しています。

圧倒的な取扱量・仕入量があることによって、品質にこだわり抜いたトップメーカーのレンズを、価格を抑えて提供することを可能にしています。

そして、見えやすさこそ、眼鏡市場の大きな自信の一つ。単焦点〜累進レンズまで約30種類のレンズから1人ひとりの目の状態に合わせたレンズを提案することが可能です。さらに、傷防止やブルーライトカットなど、メガネの利用シーンに合わせたオプションを一式価格+3,240円(税込)で加えることも可能です。

3. 明朗会計・透明性のあるメガネ作りというポリシー

フレーム+レンズ代込みという眼鏡市場の一式価格は、お客さま一人ひとりに安心して自分にぴったりのメガネを仕立ててほしいという想いから。近視・遠視・乱視・老眼といった目の状態や度数に関わらず、メガネを必要とするすべての人に、目的に合ったメガネをご提案。平等性や分かりやすさの追求という信念が根底にあります。

「ネジ1本にも拘る」という品質追及は眼鏡市場だからできること

眼鏡市場では、フレームの素材はもちろん、ネジや丁番など細かい部分まで徹底的に品質にこだわっています。例えば丁番はメガネの心臓部。0.01㎜に及ぶまで細かく設計した最高品質のパーツを用いて、フレームを仕上げています。

フレームは素材にこだわることで、つやや発色といった生地感に違いがあらわれ、かけた時に上品さを醸します。また、ネジや丁番といった小さな部品は、かけ心地や壊れにくさにつながります。たかが小さな部品一つ。しかし、コストをかける価値があると考えています。

まとめ

メガネ価格は、販売店の方針によって差があります。眼鏡市場の特徴は自社工場を所有するからこそ可能な12,960円(税込)〜の一式価格。高いクオリティと人を大事にした接客も忘れません。

メガネという単なる“モノ売り”から、「似合う」を探す“コト売り”へ。店頭に並んだ約1,000本のフレームから、お客さまが希望する見え方を叶えるレンズ、ぴったりのかけ心地を叶えるフィッティング、そしてアフターケア。手のかかる商品だからこそ分かりやすい料金で、理想の1本を仕立てます。

在庫のある店舗を探す

※現在地を取得いたします。
ご了承の上でボタンをクリックしてください。

※在庫のある店舗のみ表示します。

現在地から在庫検索

現在地から半径20km以内の店舗を近い順で表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
最寄り駅から在庫検索

最寄り駅名・路線名を入力してください。

例)新宿駅 京王線

ご指定の駅から半径20km以内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
郵便番号から在庫検索

郵便番号を入力してください。

例)420-0858

ご指定の郵便番号から半径20km以内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
都道府県から在庫検索

都道府県・市区町村を選択してください。

ご指定の地域内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
フリーワードから在庫検索

フリーワードを入力してください。

例)イオン

ご指定のキーワードに一致する店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
ページトップへ