もしかして老眼?|チェック方法と用途別リーディンググラスの選び方

老眼鏡 / メガネ選び / お悩みから探す

手元の小さな文字が読みづらくなってきた、スマホの文字にピントが合うまでに時間がかかるようになった…など、手元の見え方に違和感を感じることが増えていませんか? もしかするとそれは「老眼」のはじまりかもしれません。

「老眼鏡をかける」と聞くとどこか老いた印象を持ってしまいがち。「まだ早い」と使用を避ける人や、そもそも選び方が分からないなどの理由で、見えづらさをそのままにしているという人も少なくないでしょう。

しかし、老眼鏡は日常生活をより快適・快活に過ごすためのサポートアイテム。「リーディンググラス」とも呼ばれますが、見えづらくなった手元の文字を読みやすくするために備えておきたい便利なツールなのです。

今回は、誤解されていることも多い「老眼」に関する正しい知識と、用途に合わせた老眼鏡の選び方をご紹介します。

そもそも「老眼」ってどんな症状?

一般的に「老眼」とは、年齢を重ねるとともに手元の細かい文字が見えづらくなる症状を指します。

その原因は、従来弾力性のある柔らかいレンズ(水晶体)が硬化し、見え方の調整をしようとする筋肉(毛様体筋)の力が弱くなること。

ものを見るとき、目は水晶体の厚さを調節し、ピントを合わせています。この調節を行う筋肉が「毛様体筋」と呼ばれる筋肉であり、毛様体筋は水晶体を引っ張ったり緩めたりすることで、ピントを合わせています。

老眼は、ピントを調節する毛様体筋の力が、加齢とともに弱まって起こります。加齢現象なので、足や腕の筋力が弱まるのと同様に、誰にでも起こるものなのです。

近くの文字を読んだあと、ふと遠くの景色を見たら視野がぼやけてしまい、すぐにピントが合わないなど、見え方にタイムラグを感じたことはありませんか?

老眼の初期症状はこのような状態が始まり。最初から手元が見えなくなるわけではないのです。実は、手元の文字が見にくくなるのは、老眼がある程度進んだときに出る症状です。

「老眼」と「スマホ老眼」の違いは症状の継続性

近ごろは若い世代でも、このようなピント調節に時間がかかる人が増えています。

例えば、スマホを長時間使用し、そのあと遠くを見たときに視界がぼやけるような経験はありませんか? これは「スマホ老眼」といわれる症状です。スマホやパソコンの画面など、近くを長時間見ることで目の筋肉が力んだ状態が続いてしまい、筋肉がすぐに戻らないためピント調節に時間がかかってしまいます。

一般的な「老眼」とは異なり、筋肉が一時的にこわばっているだけなので、症状は一時的なものです。

しばらく遠くを見ていたり、手元の作業を止めたりして、目を休めてあげることで見え方は元に戻るでしょう。仕事でパソコンをよく使うという人は、1時間に一回くらいを基準に、目を休めてあげることがおすすめです。

老眼がはじまるのは40代から。スマホ・パソコンをよく使う人は35歳を過ぎたら老眼鏡を検討するとベター

目がピントを合わせる「調整力」のピークは10代前半といわれています。20歳をすぎるころにはピークをすでに過ぎており、そこからは徐々に衰えていきます。特にパソコンやスマホをよく使う人は、35歳頃から老眼の初期症状が出やすくなるといわれています。

老眼鏡の使用は40代後半や50歳以降という人が目立ちますが、30代でも老眼を疑い、手元の文字が見にくい状態が続くようであれば、老眼鏡の使用を検討してみてください。

老眼鏡を使っても視力ダウンは起こらない

「老眼鏡を使うと、老眼が進む」というのは間違った認識です。
老眼鏡はじめ、メガネは焦点距離を変える道具です。よって“一度老眼鏡を使用したら、視力が下がった”ということは起こり得ません。老眼鏡を用いて楽な見え方を経験したあと、老眼鏡を外したときの見えづらさが顕著になったという「感覚」の問題でしょう。

近視・遠視の見えづらさと老眼の見えづらさの違い

近視・遠視・乱視といった一般的な視力低下と老眼との違いは、「手元の見えづらさ」です。

近視・遠視・乱視による見えづらさは「屈折異常」、老眼による見えづらさは「調節異常」と分類されています。

前者の屈折異常は、目に力を入れていない状態で、ピントを結ぶ位置に問題がある状態です。後者の調節異常は、近くを見るときの目の調節力が弱まっている状態のため、原因やメカニズムがまったく違います。

そのため、「近視の人は老眼になりにくい」というのは誤りで、近視と老眼がどちらも出てしまうケースもあります。

なお、老眼にならないための対策として行う目のストレッチも、目の筋肉をほぐすことで疲れを取るのには有効ですが、老眼の本質的な対策にはなりません。足腰などの他の部位と同じく体の衰えの一つなので、どうしても加齢とともに症状が出てしまうことを覚えておきましょう。

用途別、リーディンググラス(老眼鏡)の選び方

ここからは、老眼鏡の種類から、自分にぴったりの老眼鏡を選ぶためのポイントまでをご紹介します。

まず、老眼鏡には

  • 1. メガネ店以外で購入できる「既製老眼鏡」
  • 2. メガネ店などで視力測定して作る「オーダーメイドの老眼鏡」

の大きく2種類があります。

老眼の疑いがある症状が続くとき、ほとんどの人が既製老眼鏡の購入を考えるでしょう。しかし、既製老眼鏡は見え方を一人ひとりに合わせたものではなく、あまりおすすめできません。適正でない老眼鏡の長時間使用は、目の疲れや肩こりの原因になります。

メガネ店以外の場所においてある老眼鏡について

既製老眼鏡は左右のレンズが同じ度数で作られているため、左右の目で必要な度数が異なる場合には合わせることが難しく、疲れやすい場合も少なくありません。

また、メガネのレンズはおおよそ平坦な形状になっていますが、実は一番ピントのあう位置(光学中心)が存在します。メガネ店の場合、視力測定の際に目の中心位置を測ることができるので、メガネを作る際に、一人ひとり異なる目の中心位置にレンズの光学中心を合わせています。

既製品の場合は光学中心が一人ひとりに合っていません。度数は合っているはずなのに見え方が完璧ではないという違和感が続くケースもあります。

さらに、既製品の老眼鏡を選ぶとなると「同じ値段ならば、度数が強いほうがお得感がある」という理由で強すぎる度数を選んでしまいがちなのも注意点。

強すぎる度数の老眼鏡は、確かに一点を見る場合には見やすいものの、その分周辺の視野を狭めてしまいます。

メガネ店などの老眼鏡と老眼鏡の作り方について

メガネ店では、一人ひとりの目の状態や希望する見え方に合わせた老眼鏡を作ることができます。老眼鏡も、近視や遠視のメガネと同様に、見え方や用途に合わせて検討するのがベスト。自分に合ったレンズやフレームで老眼鏡を作り、快適な見え方を取り戻しましょう。

ここからは、具体的な老眼鏡の作り方をご説明します。

1)視力測定

店頭で見え方のチェックをしてもらいましょう。眼鏡市場では、トレーニングを積んだスタッフが、最大19項目のチェックで見え方を確認します。

なお、この際の所要時間は、すべての項目をチェックしても30分程度です。

2)レンズ選び

もし老眼の症状が出ている場合、視力測定のあとに、レンズを入れたときに見え方をチェックすることが可能です。

また、最近は老眼に加えて近視の矯正も一緒に行う、遠近両用メガネのニーズも増えています。

いちいちメガネを掛けかえるのは手間になるので、利用するシーンに合わせて「遠近両用レンズ」や「中近両用」「近々両用」といった、近くも遠くも見えるレンズ(累進レンズ)をおすすめする場合もあります。

また眼鏡市場では、ピント調節のしやすさやちょっとした見づらさを補助する「アイリラックス(ちかラクレンズ)」も用意しています。

見たい距離や用途に合わせて、レンズやオプションの選択をしましょう。

3)フレーム選び

遠近両用などの累進レンズは、一つのレンズの上下を使い分け、両方が見えるようにしたレンズです。近視と遠視のレンズが上下に分かれて入っているので、レンズ部分の天地幅が3センチ以上のフレームがおすすめです。

加えて、かけた時のバランスや相性、フィット感も重要。目の状態が一人ひとり異なるのと同様に、顔の形も一人ひとり異なります。老眼鏡を長時間使用しても疲れない掛け心地を実現するためにも、顔の形に合ったフレーム選びが重要です。

自分に合った老眼鏡を

老眼により、手元が見えづらくなる症状は、ほとんどすべての人に起こります。また、「老」という名前とは裏腹に、早い人で30代後半からと、比較的若い年代から症状が現れはじめます。

ピントの調節スピードや、手元の見えづらさを感じたら無理をせず、自分に合った老眼鏡で見え方をサポートしましょう。

また、老眼は徐々に進行するものです。あまりにも急に近くが見えにくくなった場合は、眼病など老眼以外の可能性もあります。もし不安な場合は一度眼科を受診してみてください。

眼鏡市場ではあなたに最適な老眼鏡が12,960円(税込)から

眼鏡市場の特徴は、レンズとフレームがセットになった一式価格。
また、超薄型レンズや遠近両用レンズをお選びいただいてもお値段は変わりません。

加えて、ブルーライトカットや耐傷コートなど、自分のライフスタイルに合ったオプションも有料で追加することができます。オプションは一式価格+3,240円(税込)から。オプションの組み合わせも可能なものもありますので、レンズ選択時にスタッフまでご相談ください。

お近くの眼鏡市場で自分に合ったレンズとフレームから老眼鏡を作成し、既製老眼鏡との違いをぜひ体感してみてください。

在庫のある店舗を探す

※現在地を取得いたします。
ご了承の上でボタンをクリックしてください。

※在庫のある店舗のみ表示します。

現在地から在庫検索

現在地から半径20km以内の店舗を近い順で表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
最寄り駅から在庫検索

最寄り駅名・路線名を入力してください。

例)新宿駅 京王線

ご指定の駅から半径20km以内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
郵便番号から在庫検索

郵便番号を入力してください。

例)420-0858

ご指定の郵便番号から半径20km以内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
都道府県から在庫検索

都道府県・市区町村を選択してください。

ご指定の地域内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
フリーワードから在庫検索

フリーワードを入力してください。

例)イオン

ご指定のキーワードに一致する店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
ページトップへ