その見えづらさ老眼かも。知っておきたい正しい対策をご紹介!

老眼鏡 / メガネ選び / お悩みから探す

手元の小さな文字が読みづらくなった、ピントが合うまでに時間がかかるようになった…など、年齢とともに手元の見え方に違和感を感じることが増えていませんか? もしかするとそれは「老眼」のはじまりかもしれません。

今回は、誤解されていることの多い「老眼」に関する正しい知識と、ライフスタイルに合わせた正しい老眼対策をご紹介します。

そもそも「老眼」ってどんな症状?

老眼とは一般的に、年齢とともに手元の小さなものが見えづらくなる症状を指します。

その原因は加齢にともなってレンズの役割を果たす水晶体が硬化し、またピント調節を行う筋肉(毛様体筋)の力が弱くなること。脚や腕の筋肉が弱まるのと同じように、老眼は誰にでも起こる加齢現象の一つなのです。

<こんな症状があったら老眼かも>

✔️ 今まで読めていた新聞や本の文字が読みづらくなった。

✔️ スマホの画面を見るときに手を伸ばして遠ざけている。

✔️ 近くのものになかなかピントが合わない。

✔️ パソコンを使用した後、以前よりも目が疲れるようになった。

✔️ 肩こりや頭痛が治りづらい。

老眼がはじまるのは何歳から?

目のピント調整力は10代前半をピークにそこから徐々に衰えていきます。一般的に40代に差し掛かるころから、目の調節力が衰え普段よく使う手元の距離が見づらくなる老眼症状があらわれると言われています。

ただしPCやスマホをよく使う人の場合は、35歳頃から老眼の初期症状が出るケースもあります。老眼鏡を使うのは40代や50代になってから、というイメージをお持ちかもしれませんが、30代でも手元の文字が見にくいようであれば、老眼鏡の使用を検討してみてください。

近ごろよく耳にする「スマホ老眼」とは?

近年では若い世代でも、このようなピント調節に時間がかかる人が増えています。スマホを長時間使用した後、遠くを見たときに視界がぼやけるような経験はありませんか? これは「スマホ老眼」といわれる症状です。

「スマホ老眼」は一般的な老眼とは異なり、筋肉が一時的にこわばっているだけなので症状は一時的なものです。仕事でPCをよく使うという人は、こまめに休息をとるなど目を休めてあげると良いでしょう。

スマホ老眼について詳しくはこちら

老眼鏡の正しい選び方とは?

ここからは老眼へのもっとも基本的な対策となる「老眼鏡」について、種類や選び方のポイントなどを詳しくご紹介します。

老眼鏡には大きく2つの種類があります

  • 1. 「既製の老眼鏡」
  • 2. 「オーダーメイドの老眼鏡」

それぞれの注意点や特徴について詳しくご紹介していきます。

既製の老眼鏡について

「既製の老眼鏡」は書店や雑貨店などでも販売されており、手軽に安価で手に入れることができるのがメリットと言えます。一方で、一人ひとりにあわせた仕立てができないという部分が難点と言えます。

例えば、「既製の老眼鏡」は左右のレンズが同じ度数でつくられているため、左右で必要な度数が異なる人にとっては疲れを感じやすくなる心配があります。また、目の位置にレンズの光学中心(一番ピントがあう位置)を合わせることも難しいため見え方に違和感が生じるケースもあります。

オーダーメイドの老眼鏡について

「オーダーメイドの老眼鏡」なら一人ひとりの目の状態や希望する見え方に合わせて老眼鏡を仕立てることができます。老眼鏡も近視や遠視のメガネと同様に、見え方や用途に合わせて検討するのが目の健康のためにはベストと言えます。

ここからは、老眼鏡をつくるステップをご説明します。

1)視力測定

店頭で見え方のチェックをしてもらいましょう。眼鏡市場ではトレーニングを積んだスタッフが、最大19項目のチェックで見え方を確認します。なお、この際の所要時間はすべての項目をチェックしても25分程度です。

視力測定について詳しくはこちら

2)レンズ選び

もし老眼の症状が出ている場合、視力測定のあとにレンズを入れたときに見え方をチェックすることが可能です。また、眼鏡市場では幅広いラインナップの高機能レンズも取り揃えています。ライフスタイルや用途に合わせて、あなたにぴったりのレンズをお選びいただけます。

3)フレーム選び

レンズが決まったら次はフレーム選びです。かけた時のバランスや相性、フィット感を確かめながらあなたにぴったりの一本を選んでください。目の状態が一人ひとり異なるのと同様に、顔の形も一人ひとり違います。老眼鏡を長時間使用しても疲れないかけ心地を実現するためにも、顔の形に合ったフレーム選びが重要です。

フィッティングについて詳しくはこちら

老眼鏡だけで解決しないお悩みに新提案

「老眼で手元が見づらいけど、老眼鏡はシーンに合わせてかけ替えなきゃいけないのが面倒…」というあなたには、幅広いシーンに対応することができる累進レンズという選択があります。

累進レンズとは、1枚のレンズに遠くから近くまで見える度数を組み合わせたレンズのこと。眼鏡市場ではライフスタイルによって選べる、2つの快適アイテムを新たにラインナップしました。

遠近ハジメテさんにこそおすすめ ストレスフリー遠近

遠くも近くもラクに見えて外出やドライブなどにぴったりなのが遠近両用レンズです。

眼鏡市場の新提案「ストレスフリー遠近」は、これまでの遠近両用レンズにゆがみや視野の狭さを感じていたお客さまのために、より自然でクリアな見え心地を実現しました。

その秘密は独自の両面設計。レンズの内側と外側の両面を使って歪みを補正することで、これまでにないクリアな視界が生まれました。はじめて遠近両用レンズに挑戦する方はもちろん、遠近両用レンズに苦手意識を持っている方にもぜひ試していただきたいアイテムです。

ストレスフリー遠近について、詳しくはこちら

スマホ時代の新常識 アイリラックスR50

普段、屋内で過ごすことが多いインドア派のあなたにご提案したいのがアイリラックスR50です。

アイリラックスR50は、老眼症状が進んでより見づらさを感じるようになった方に特におすすめしたいアイテム。遠くと近くの度数の差が大きくて遠近両用レンズでは違和感を感じてしまう場合にも、こちらなら日常でよく見る範囲を自然に見せてくれます。面倒なかけ外しなしで、スマホも日常生活もこれ一本で自然な見え心地が手に入ります。

アイリラックスについて、詳しくはこちら

あなたにぴったりの老眼対策を

老眼により手元が見づらくなる症状は、ほとんどすべての人に起こります。ピントの調節スピードや、手元の見えづらさを感じたら無理をせず、自分に合った老眼対策で見え方をサポートしましょう。

眼鏡市場では「3つの満足保証」で購入後も充実のサポートをご用意しています。例えば、お仕立てしたメガネの度数に違和感を感じる場合、お受取後6ヶ月以内であれば無料で度数の交換を承っています。購入後も安心の眼鏡市場で老眼対策をはじめてみてはいかがでしょうか。「老眼かも…」と思ったら、まずは眼鏡市場のお店でお気軽にご相談ください。

※価格・商品情報は掲載日時点での情報です。

在庫のある店舗を探す

※現在地を取得いたします。
ご了承の上でボタンをクリックしてください。

※在庫のある店舗のみ表示します。

現在地から在庫検索

現在地から半径20km以内の店舗を近い順で表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
最寄り駅から在庫検索

最寄り駅名・路線名を入力してください。

例)新宿駅 京王線

ご指定の駅から半径20km以内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
郵便番号から在庫検索

郵便番号を入力してください。

例)420-0858

ご指定の郵便番号から半径20km以内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
都道府県から在庫検索

都道府県・市区町村を選択してください。

ご指定の地域内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
フリーワードから在庫検索

フリーワードを入力してください。

例)イオン

ご指定のキーワードに一致する店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
ページトップへ