あなたは大丈夫?メガネのズレのチェック方法と正しい対処の仕方

お悩みから探す

「朝起きてから夜眠りにつくまで、何をするにもメガネが欠かせない」というメガネユーザーの皆さんにとって、メガネがずれることは大きなストレスではないでしょうか?

近頃マスクをすることが多くなり、メガネをかけていてもずれ落ちたり、メガネが下がってしまいマスクがしづらかったりと、ストレスを感じるという方が増えています。また、意外と知らないのは、メガネに正しいかけ位置があるということ。正しい位置でメガネをかけないことで「なんだかメガネがしっくりこない…」ということもあります。

メガネがずれているとかけ心地が良くないだけでなく、メガネの度数はあっているのに見えづらいと感じたり、見た目の印象が悪くなったりと、様々な影響が出てしまいます。

そこで今回は、メガネのズレのチェック方法と正しい対処法をご紹介。記事の後半では、これからメガネを選ぶ方に向けてアドバイスもお届けします。

チェックしてみよう!メガネの正しい位置
「ポイントは黒目」

まずは、メガネの適正な位置を知っていきましょう。メガネをかける正しい位置をチェックするときは「黒目」を意識してください。縦幅が横幅よりも狭いようなメガネは、黒目がレンズの中心あたりにきていることが適正な位置になります。(ウェリントンタイプなどレンズの縦幅が広いメガネの場合は、黒目の位置が中心よりもやや上にくるのがバランスの良い位置になります。)お使いのメガネのフレーム形状をふまえて黒目の位置をチェックしてみてください。

メガネをかける位置については、こちらのページで詳しくご紹介しています!
似合うメガネの選び方

メガネがずれる原因は『変形』『劣化』『フィッティング』

メガネの正しい位置を知ったところで、次はメガネがずれる原因についてご説明します。ズレが生じる主な原因として、次の3つがあげられます。

① フレームの変形

メガネフレームは非常に繊細です。メガネを頭に乗せる、片手でかけ外しをする、といった扱い方をしていると気づかないうちにフレームが広がってしまったり、傾いたりしてしまうことも。特にフレームの接続部分であるヨロイや鼻パッドは負荷がかかりやすく変形しやすいパーツなので、やさしく扱うようにしてください。

② パーツの劣化

鼻パッドやモダンといった、メガネと顔の接点となっているパーツが劣化することでずれやすくなる場合もあります。素材の表面が摩耗していたり、変色していたりしたら交換のサインです。

鼻パッドについて、こちらの記事で詳しくご紹介しています!
見た目もかけ心地も良好に!「鼻パッド」交換のすすめ

③ フィッティングが合っていない

メガネを快適にお使いいただくために、一人ひとりの顔の形状に合わせてフィッティングすることがとても重要です。眼鏡市場では、社内技術テストをクリアしたスタッフがフィッティングを行っております。かけ心地が気になる方は気軽にお近くの店舗までご相談ください。

フィッティングについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています!
眼鏡市場のフィッティングの秘密

メガネがずれていたら、メガネ店でフィッティングを!

注意していただきたいのは、自分でフレームを曲げようとしないこと。ご自身でフレームの形を整えようとすると、フレームにキズを付けてしまったり、折れてしまったり壊してしまう可能性があります。また、メガネの見え方が変わってしまい目に負担がかかってしまう可能性もあります。ズレが気になるときは、自分で直さず眼鏡店で調整してもらうようにしましょう。

こまめなフィッティング調整を習慣に

メガネはとても繊細な道具。丁寧に扱っていても、かけ外しや開閉のときに加わる力によって少しずつネジが緩んだり、パーツが変形している可能性があります。ついついかけたまま寝てしまったり、メガネケースを忘れてしまい、ポケットにいれてしまったりなんてこともあります。一見大丈夫と思っていても、毎日使うものですから、気づかないうちにメガネがずれやすく変形していることがあります。半年から一年に一度を目安に定期的に眼鏡店でフィッティングの状況を見てもらうなど、メガネのお手入れをすることをおすすめします。

眼鏡市場ではフィッティングやメガネのお手入れがいつでも無料。お客様のフレームの状態を確認して、フレームの変形などを整え、お客様に合った最適なかけ位置に調整させていただきます。気軽にお近くの店舗までご相談ください。

※フレームの状態(素材、使用状況など)によっては、調整をお受けできない場合がございます。予めご了承ください。

おうちで実践!メガネのズレの予防法

眼鏡店でフィッティングしたメガネをずっと気持ちよく使うために、「変形しにくい使い方」を意識してみてください。メガネの正しい扱い方や簡単なお手入れを実践することで、最適なかけ心地を長続きさせることができます。

・メガネのかけ外しは両手で

片手でフレームをつかんでかけ外しを続けると、メガネが外側に広がってしまう原因に。両手でフレームを持ち、まっすぐかけ外しをするとフレームの歪みを防ぐことができます。

・メガネを外したらケースに入れる

メガネを外した時は、ケースにいれておくようにしましょう。ケースに保管することで、うっかり上に物を置いてメガネを傷つけてしまう心配が無くなります。かけ外しが多い方は、メガネスタンドも便利でおすすめです。

・レンズを拭くときはレンズの上下を持つ

レンズを拭くときは、拭きたいレンズ側のフレームの上下を持つのが正しい持ち方です。レンズを拭くときに、フレームのブリッジの部分をもったり、拭くレンズの反対側のレンズ側を持ったりすると、持っている部分に力が加わってしまい、その部分が歪んでしまう原因になります。レンズの汚れが拭き取りにくく感じる時は、メガネ拭きが汚れている可能性があります。メガネ拭きは、洗濯機で洗えます。洗っても汚れが落ちづらい時は、新しいメガネ拭きに替えるといいでしょう。

・こまめに水洗いして汚れを落とす

汗や皮脂、整髪料などが、フレームの接合部やねじに付着したまま放置すると不具合の原因になります。メガネは水洗いできますので、こまめに洗いましょう。毎日帰宅したら洗うなど、毎日1回は洗うような習慣をつけるといいでしょう。水洗いをした後は、全体の水滴をしっかりとふき取り、メガネクリーナーでメガネ全体を拭きあげるとよりきれいな状態を保つことができますので、おすすめです。

これからメガネを選ぶ方へ
ずれにくいフレームのポイント

ズレのストレスなく快適な毎日をおくるためには、メガネをつくるときに自分の顔にあったサイズのフレームを選ぶことも大切です。失敗しないフレーム選びのためにチェックしてほしいポイントを下の画像にまとめました。

ポイント① テンプル(つる)

メガネをかけるときに両耳にかかる部分です。テンプルの曲がりの部分は、購入時にお客様に合った位置で調整をします。テンプルが短いものは、ずれ落ちやすくなりますので、試着時にチェックしてみてください。

ポイント② 鼻パッド

鼻にフィットしてメガネを支える部分です。鼻パッドは、フレームと一体型になっているものと、金属のパーツがついているものとあります。金属のパーツがついているもののほうが、鼻の形状、高さに合わせることができるため、ずれにくくなります。

鼻パッド一体型のフレームのイメージ

ポイント③ モダン

テンプル(つる)の先端の耳にかかる部分です。先セルということもあります。耳の付け根の部分からまげて、耳の後ろに添うように調整をします。

ずれにくいメガネはコレ!おすすめフレーム

続いて、これからメガネを買い替えようと考えている皆さんへ、ずれにくいおすすめフレームをご紹介します。

眼鏡市場ではお客様一人ひとりのお顔にあわせたフィッティングを行うことはもちろんのこと、フレームの設計にもこだわりフィット感に優れたモデルを数多く取り揃えています。

1. FREE FiT(フリーフィット)

“驚きのかけ心地”をコンセプトに、快適さを追求した『FREE FiT』。超軽量、超弾力性のある樹脂を使用し、軽さとしなやかさを兼ね備え、老若男女問わず人気のシリーズ。シリコン素材の鼻パッドやゴム(エラストマー)素材を使用したモダンなど、長時間かけていてもずれにくく、疲れにくいこだわった設計になっています。

2. ZEROGRA(ゼログラ)

「ゼログラビティ=無重力」の言葉からネーミングされた「ゼログラ」は、まさに、かけていることを忘れてしまうような軽さで、ストレスを感じさせないメガネシリーズです。メガネの聖地「福井県鯖江市」のメガネ職人の手によって1本1本丁寧に作られたメガネ。眼鏡市場史上一番の軽さを誇るフレームです。

3. nosefree(ノーズフリー)

モダン(耳かけ部分)の先端に「オモリ」を装着することで、鼻への重量負荷をおよそ20%軽減。鼻と耳にかかる重量の黄金比(50:50)を実現し、手に持った時の重さが、かけた時には消えてしまったような新発想のメガネです。今までのメガネの重心バランスを変え、うつむいた時にも、ぴったりとしたかけ心地でズレを感じにくい安定感のあるフレームです。

【眼鏡市場スタッフに聞いた】マスク×メガネの快適テクニック

最後に、特にお悩みとして多いマスクとメガネを一緒に身につけるときのストレスの解消法をお届けします。眼鏡市場スタッフが実際にやっている快適テクニックをアンケート調査しました。

多くの人が経験している、マスクとメガネによる耳の圧迫感。眼鏡市場の販売スタッフは「モダンの角度」「フレームの素材」を上手に選んでかけ心地をよくしていることがわかりました。

また、鼻パッドのこまめなメンテナンスを実践することで、ズレを防いでいるという声も複数ありました。

毎日身に付けるものだからこそ、ちょっとの工夫が快適さを大きく左右します。ぜひ皆さんもアンケート結果を参考に自分にあった快適なメガネを探してみてはいかがでしょうか。

ずれにくいメガネで、気持ちのいい毎日を

今回は、メガネのズレについて原因から対処法、おすすめフレームまで幅広くご紹介しました。眼鏡市場では、いつでも無料でメガネのクリーニング、メガネの型直し・フィッティング調整、ゆるんだネジやパッドの交換を承っております。もちろんご購入いただいた店舗以外でも対応可能です。メンテナンスだけでも、お気軽にご相談ください。

近くの眼鏡市場を探す

※ネジ・鼻パッドの交換の際、使用する素材、形状によって有料になる場合がございます。

※フレームの状態(素材、使用状況など)によっては、調整をお受けできない場合がございます。予めご了承ください。

在庫のある店舗を探す

※現在地を取得いたします。
ご了承の上でボタンをクリックしてください。

※在庫のある店舗のみ表示します。

現在地から在庫検索

現在地から半径20km以内の店舗を近い順で表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
最寄り駅から在庫検索

最寄り駅名・路線名を入力してください。

例)新宿駅 京王線

ご指定の駅から半径20km以内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
郵便番号から在庫検索

郵便番号を入力してください。

例)420-0858

ご指定の郵便番号から半径20km以内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
都道府県から在庫検索

都道府県・市区町村を選択してください。

ご指定の地域内の店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
フリーワードから在庫検索

フリーワードを入力してください。

例)イオン

ご指定のキーワードに一致する店舗を表示します
※在庫のある店舗のみ表示します

  • 店舗名
  • アウトレット
  • 電話番号

店舗での在庫状況について

  • ※前日24時の在庫状況となります。
  • ※掲載されている店舗でも品切れの場合がございますので、
    詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。
ページトップへ